【にわかラグビー女子向け】簡単ラグビーのルール解説

こんにちは。

今回は前回に引き続き、2019年日本ラグビーW杯以降多くなっている「にわかラグビー女子」に向けて記事を書いていこうと思います。

今回のテーマは「ラグビーのルール」

にわか女子の方々のみならず、ラグビー初心者が最初にぶつかる壁として良くあるのが「ルール」ですよね。ラグビーのルールはそもそも数が非常に多く、また理解するのが難しいルールも少なくありません。にわか女子の皆さんの中には、試合を見ていてプレーが止まっても、「何が起こったの?」と思う方もいらっしゃるかと思います。

今回はそんなラグビー初心者のにわか女子の方に向けて、ラグビーの試合を見る上で最低限知っておいた方が良いであろうルールを分かりやすくご紹介します。この記事を見終わった後は、きっとラグビーの試合を見るのをより一層楽しめるはずです。

 

さて、ラグビーのルールを説明するに当たってまず大前提を言っておきます

ラグビーは15対15人が1つのボールを使って点数を取り合うスポーツです

そして点数を取るために

①ボール ②陣地 ③人 を取り合うスポーツだということもできます

 

一つずつ説明していくと、まずラグビーは点数を取り合うスポーツであるということ。これは良く知られている野球やサッカーのように、相手より多くの点数の取れば勝ち、ということです。点数を取る方法は以下の4パターンがあります。

①トライ(5点)・・・相手の陣地までボールを持っていって地面に置く

②コンバージョンキック(2点)・・・トライ後に与えられるキックをH型のポールの間を蹴って通す

③ペナルティキック(3点)・・・相手が反則した時に与えられるキックをH型のポールの間を蹴って通す

④ドロップゴール(3点)・・・プレー中にボールを一回バウンドさせてからキックしてH型のポールの間を通す

 

次にラグビーはボールと陣地と人を取り合うスポーツであるということ。

例えば去年の流行語にもなった「ジャッカル」これはボールを相手から奪うプレーです。また試合中に蹴るキックは陣地を取るために行っているケースが多いです。このようにラグビーの基本は「ボール」「陣地」「人」の上に成り立っていることが多いので、覚えておくとオススメです。詳しいことは今後の記事で随時紹介していきたいと思います。

最後にラグビーの反則について説明します。

ラグビーの反則を覚える上で大切なのは2つだけです。

①ボールを前に投げてはいけない

②ボールより前でプレーしてはいけない

こちらに関しても今後の記事で詳細を述べていく予定ですので、乞うご期待ください

 

以上、ラグビーの試合を楽しむ上で最低限必要な知識だけをまとめて紹介しました。この記事を読んでいただけたことで、今後ますますラグビーのことが好きになっていただければ嬉しいです。

 

最後に、弊社商品の宣伝だけさせていただきます。

1つ目は「The Beautools」のFace Pump

たった3分でお肌のリフトアップ効果と美容液浸透効果を得ることができます

2つ目は「TriPollar」のstop

最新のラジオ波であるTRIPOLLAR RFを搭載

ご自宅でいつでも本格エステをご体感いただけます

 

by 渚