【簡単ラグビー解説】ラグビーのポジション【にわか女子向け】

こんにちは。

今回も前回に引き続き、2019年日本ラグビーW杯以降多くなっている「にわかラグビー女子」に向けて記事を書いていこうと思います。

今回のテーマは「ラグビーのポジション」

最近はラグビー日本代表の選手たちにも多くの女性ファンがいますよね。そしてファンという以上最低限知っていなければならないのは、選手の名前とポジション。

あれ?大好きなあの選手のポジションどこだったっけ?となってしまっている「にわか女子」のみなさん、大丈夫です。この記事で分かりやすく解説しますので是非覚えてください。

この記事を見終わった後には、きっと大好きなあの選手のれっきとしたファンになれること間違いなしです。

さて、まずラグビーのポジションを解説するにあたってまず必要なのは、各ポジションの名前とその役割ですね。まずラグビーのポジションを大きく2つに分けると、FW(フォワード)BK(バックス)になります。FW、BKそれぞれの役割はたくさんありますが、初心者の方は

FWは体が大きく、ぶつかるのが専門

BKは足が速く、敵をかわしてトライを取るのが専門

と覚えておけばいいと思います。

FW、BKそれぞれの中にもまた細かくポジションが分かれていますが、それはまた別の記事で詳しく触れたいと思います。

 

突然ですが、どんなスポーツにも花形のポジションというものがあると思います。野球ならピッチャー、サッカーならフォワードなど・・・

ではラグビーにおける花形ポジションはどこか、皆さん知っていますか?

一般的に、ラグビーにおける花形ポジションは、SH(スクラムハーフ)、WTB(ウイング)辺りじゃないかなと思います。SHはFWとBKを繋ぐという超重要ポジション、WTBは点取り屋、というイメージです。

今回のW杯でも特にSHやWTBの選手が目立っていた印象があります。これらの花形ポジションに注目していれば、まだラグビーのことをよく知らないという初心者の方でも周りのファンと一緒に試合観戦を楽しめると思いますよ。

 

以上、「ラグビーのポジション」についてザックリと解説してみました。この記事を読んでいただけたことでラグビー選手のことがもっと好きになってくれたら幸いです。

 

最後に、弊社商品の宣伝だけさせていただきます。

1つ目はPureNano

こちらはいつでもどこでも使えるハンディミストとなっており、お手軽にお肌に潤いを与えることができます。

2つ目はstop

こちらは最新ラジオ波であるTRIPOLLAR RF搭載の美顔器となっております。最先端の美容に興味がある方に特におススメです。

by 渚